月: 2021年4月

伝統から選ぶお土産

「魅力ある日本のおみやげコンテスト」

観光庁主催のこのコンテストは、日本のお土産の価値を見出し、地域の繫栄と地域ブランドの確立を目標に、数々の優秀な作品が選ばれました。日本伝統から培われる伝統技術やデザインなどの情報をもとに、お土産選びをしてみてはどうでしょう。

投稿画像 伝統から選ぶお土産 - 伝統から選ぶお土産

グランプリを受賞した、金箔うちわ型銘々皿「四季」は、四季折々の絵が描かれ、うちわの形をしたお皿です。取っ手が竹フォークになっており、おまんじゅうを載せていただくのにぴったりです。日々の生活の中で使いやすく、さらに遊び心と趣ある金箔の輝きを楽しむことができるようにと、金沢の 老舗 が制作した金箔工芸です。

南部鉄器の贈り物

重みある気持ちがこもる鉄器

NIPPON OMIYAGE AWARDとは、全国推奨観光土産品審査会で選ばれた作品に与えられる賞です。全国から優れた土産品を見つけ、奨励し、発展させることを目的としています。

風鈴「折鶴」は南部鉄器製で、鉄器が鶴のデザインでかたどられている珍しいものです。風鈴の音色をきれいに出すためにさらに硬くする必要があり、砂鉄が入れられています。短冊にも藍色のものを使うというこだわりと、ぶら下がる振り子の位置にも細心の注意が払われています。職人の思いがこもった風鈴です。

しずくをモチーフとしてデザインされた香炉は、香りを楽しむことが好きな女性に人気があります。鉄の色合いや質感は和室にはもちろんのこと、洋室でもモダンアートのインテリアとして存在感を増します。